自動販売機の設置を考えているのであれば|時代と歴史

男性

設置方法とは

ペットボトル

省エネタイプが流行している

近年、地球温暖化予防に対する取り組みから、あらゆる分野で省エネがはかられています。自販機もその例外ではありません。自販機は設置している間中、大量の電力を消費しています。そのため、最近では消費電力を抑えた自販機が導入されるようになりました。たとえば、ヒートポンプ式自販機というものがあります。これは、商品を冷やす際に、冷却装置内で発生した熱を、ホット商品を温める際に再利用するというものです。そのほか、お金を投入していない間は蛍光灯がつかないようになっていて、お金を入れて商品を選ぶ時にだけ、明かりがつく自販機もあります。特に夜間などはほとんど利用されていないのに、常にスタンバイしている状態では消費電力が大きくなってしまいますから、それだけでも大きな電力削減になります。

自販機の設置について

自販機を設置する場合は、自販機を購入する方法がまずあります。これは、ドリンクメーカー等が運営する場合と異なり、商品の補充も自分たちで行わなければなりません。したがって面倒ですが、機械や商品の仕入れを工夫し、コストを下げれば高い収益を上げることができます。もう一つはメーカーに設置を依頼する方法です。これは、業者が自販機の設置、商品の補充等をすべてやってくれます。そして、場所を提供する側は、電気代のみ負担すればよく、機械の設置費用などは一切かかりません。ただし、すべてメーカーがやってくれる分、自己の取り分が少なくなってしまう点がデメリットです。このように、自分たちで管理する方法とメーカーに依頼する方法があるのです。それぞれ利点が異なるので、よく検討して選択しましょう。

Copyright© 2016 自動販売機の設置を考えているのであれば|時代と歴史 All Rights Reserved.